ルイス・ネリの禁止薬物は何?効果と副作用を調査!山中と再試合?

2018/08/15に京都・島津アリーナ行われたプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで王者の山中慎介(34=帝拳)に、4回TKO勝ちしたルイス・ネリ(22=メキシコ)が、薬物検査で陽性反応を受けていたことが分かりました。

そこで気になったのが、以下です。

  • ルイス・ネリが使った禁止薬物は何?
  • その禁止薬物の効果と副作用が知りたい!
  • ルイス・ネリと山中慎介は再試合?

これらについて記載したいと思います。

ルイス・ネリが使った禁止薬物は何?

ジルパテロールです。

禁止薬物の効果と副作用が知りたい!

Sponsored Links

  • ジルパテロールの効果は、筋肉量を増やすことです。
  • ジルパテロールの副作用は、心拍数を増加させたり、気管支が拡張します。

ジルパテロールは、家畜の体重と筋肉を増やし、成長を促進するために飼料に入れる添加剤として使われます。

そのため、畜産業者が肉の生産量を増やすために、内緒で使う薬品として知られているようですが、運動選手はジルパテロールを筋肉量を増やすために使い、ドーピングテストで失格になることもあるようです。

山中慎介と再試合はありえる?

個人的意見ですが、ルイス・ネリと山中慎介の再試合はないと思います。

ルイス・ネリはこのまま失格で、山中慎介は試合では負けましたが、公式記録には負けは残らないと思います。

まとめ、最後に

  • ルイス・ネリが使った禁止薬物は、ジルパテロール
  • ジルパテロールの効果は、筋肉量を増やすこと
  • ジルパテロールの副作用は、心拍数を増加させたり、気管支が拡張する
  • ルイス・ネリと山中慎介の再試合はありえない。
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ