永尾薫の経歴や現在と身長/体重をチェック!家族(父/母)もマラソンに強い?

東京マラソン2018年のエリート枠に永尾薫選手が出場です!永尾薫さんは2:26:58の自己ベストを持っている素晴らしい選手です!そこで本日は以下の内容で記載します!

  • 永尾薫さんの経歴や身長と体重が知りたい!現在は何をしているの?また、父や母といった家族もマラソンに強いのかもチェック!

では参りましょう!

Sponsored Links

永尾薫さんの経歴やプロフィールと身長/体重をチェック!

永尾薫さんの経歴やプロフィールと身長/体重は以下の通りです!

永尾薫

  • 本名:永尾薫
  • 生年月日:1989年9月26日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:160cm
  • 体重:46kg

小学生時代

永尾薫さんは小学生の時は、バスケットボール部に所属していました!

ただ、かなり厳しい部活だったようで、その反動が中学の時にでたようです!

中学時代

永尾薫さんは中学に入学してから、陸上の世界入り長距離を始めました!ここで陸上部に入った理由がとても微笑ましいです。

その理由が、顧問の先生が優しかったから!

女子らしい意見です^^

中学の時から永尾薫さんはその頭角をメキメキと現し、高校で花開きます!

高校時代

永尾薫さんは市立船橋高校へ進学し、ここでも陸上部に所属しました。

そしてその才能が爆発しました!

永尾薫さんは市立船橋での3年間、全国高校駅伝でエース区間の1区を走ります。凄い!

その実績が買われて、高橋尚子さんを輩出した佐倉アスリート倶楽部の小出義雄監督からスカウトされます!

そして、高校を卒業すると大学には進学せず、そのまま長距離の世界に入ります!

小出義雄監督との8年間

ユニバーサルエンターテインメントに所属して、小出義雄監督から8年間指導を受けました!

永尾薫さんは小出義雄監督から指導を受けて、自身が初めて出場したマラソン、2011年2月の横浜国際女子マラソンで2時間26分58秒の自己ベストを叩き出します!さらには、

  • 日本選手権 10,000m 第4位(2011年)
  • 第2回、3回 横浜国際女子マラソン 第4位(2011年)
  • 全日本女子駅伝優勝
  • 5,000m:15分35秒
  • 10,000m: 32分10秒
  • ハーフマラソン:1時間10分32秒

華々しすぎるくらいの経歴や成績です!

Sponsored Links

永尾薫選手は現在、何をしているの?

永尾薫選手の現在は、

  • 2017年1月から青山剛代表のTeamAOYAMAに所属し、プロランナーを目指しながら、コーチの勉強をしています!

永尾薫

『TeamAOYAMAの走れるカラダづくりセミナー 〜体幹で走れるようになろう!〜』

コア(体幹)スイッチメソッド のセミナーで講師も担当されています。

ほぼ毎月開催されているようですが、時間や場所は固定ではなく、都度案内されるとのことなので、詳細はTeamAOYAMAの公式ページを参照ですね!

また、永尾薫さんの現在の活動として、TeamAOYAMA以外でも講師として活動されています!具体的には、

  • 2016年、浦安市キッズマラソンでの特別講師
  • 2017年、ベイシティマラソンの事前対策講座の講師

永尾薫さんの現在はランナーとして記録を目指すだけではなく、走り方やトレーニング方法の指導も行っているのですね!

このように、長距離ランナーとして日本屈指の永尾薫さんの足が早いのは家族からの遺伝なのでしょうか?

Sponsored Links

永尾薫さんは父や母といった家族もマラソンに強い、長距離ランナーの家系?

これは永尾薫さんに限った話しではないですが、マラソンや長距離、短距離で足が早いのは、父や母の家族からの遺伝は関係なく、

  • 体幹の使い方が上手だから

これに尽きるようです!体を上手に使えるから足が早い。ごもっともですね!

それで、永尾薫さんは青山剛さんの体幹スイッチメソッドや自身の体幹の使い方を広く知ってもらい、走る楽しさや次世代の育成に取り組んでいるのかもしれませんね!

最後に、まとめ

永尾薫さんの経歴や身長/体重については上記をご参照ください!

永尾薫さんの現在は、

  • 2017年1月から青山剛代表のTeamAOYAMAに所属し、プロランナーを目指しながら、コーチの勉強をしています!
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ