河野太郎と康京和の会談は何語で行われる?二人の経歴から予想!

河野太郎外相と韓国の康京和外相はちょくちょく会談してますよね。日本時間の2018/01/17の未明に行わた会談は通訳を介さずにタイマンで行われたようです。そこでふと気になったのが、「何語で会談したの?」

日本と韓国なので、双方の言語を利用することは考えにくいのですよね。じゃあ、何語?二人の経歴を振り返ると予想出来ましたのでご紹介します!本日は以下の内容で記載します。

  • 河野太郎外相と韓国の康京和外相のタイマンの会談は何語で行われるの?二人の経歴から予想してみた!

では参りましょう!

Sponsored Links

河野太郎外相の経歴を振り返る!

まずは、河野太郎外相の経歴を振り返ってみましょう!

出生地:神奈川県平塚市
出身校:ジョージタウン大学国際学部
    比較政治学専攻
前職:富士ゼロックス社員(国際事業部に配属され、サテライトオフィスの実験を担当。2年間のシンガポール勤務も経験)
  :日本端子社員(海外輸出を担当)

慶応大学を中退して、アメリカの大学を卒業されています。さらにサラリーマン時代も海外勤務や海外担当を歴任。

なるほど、英語に堪能なんですね。では続いて、韓国の康京和外相の経歴を見てみましょう!

Sponsored Links

韓国の康京和外相の経歴を見てみる!

1997年のアジア通貨危機の際に、アメリカのビル・クリントン大統領と次期韓国大統領に当選していた金大中による電話会談の通訳を務め、優れた英語力を発揮したことで金大中が康を自身の英語通訳に抜擢。このことで1999年に外交官試験を経ないで外交通商部に特別採用され、外交通商部長官補佐官に就任、2005年には国際機関政策官(局長級)となるなど、専門の外交官でない人物として異例となる出世を果たす。

引用元:wikipedia

なるほど、こちらも英語に堪能なんですね!ということは・・・

河野太郎外相と韓国の康京和外相の会談は何語で行われるの?二人の経歴から予想!

河野太郎外相と韓国の康京和外相の会談は何語で行われるのか、英語だと予想!

最後に、まとめ

  • 河野太郎外相と韓国の康京和外相のタイマンの会談は何語で行われるのか、それは英語で行われると思う!
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ