蓮舫は戸籍謄本をなぜ公開しないのか?理由は?落選するから?

民進党の蓮舫代表はなぜ、戸籍謄本を公開しないのか?その理由は?公開するとまずいの?もしかして落選するから?

民進党蓮舫代表は、「台湾籍を有している」、「朝鮮籍を有している」、「日本国籍を有していない」等、世間では色々騒がれていますが、

実際のところは、どこの国籍を保有していて、どこの国籍を保有していないのでしょうか。またなぜ素直に戸籍謄本を公開しないのでしょうか。

戸籍謄本を公開すれば、いつ日本国籍を選択すると宣言したのかが一瞬でハッキリする訳ですが、わざわざ「台湾籍を有していない」と遠回りな回答をするのでしょうか。

戸籍謄本を公開すると何かまずい事でもあるのでしょうか?もしまずいことがあるとすれば、どうまずくて、どうなるのでしょうか?疑惑の渦中の人物に迫ってみたいと思います。

蓮舫民進党代表は、なぜ戸籍謄本を公開しないのか。その理由は?

戸籍謄本サンプル

それは知られてはいけないことがあるからです。では知られてはいけない事とは何か?もう簡単です。

戸籍謄本を公開してしまうと、自身の政治家人生に関わる重大問題が明らかになってしまうからです。

ではその重大問題とは何か。

国籍法14条2違反と公職選挙法違反です。

Sponsored Links

このことで当選が無効になり、政治家人生を絶たれる可能性があるので、蓮舫議員は戸籍謄本の公開を濁しているのです。

国籍法14条2とは、

「日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法 の定めるところにより、

日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をすることによつてする。」となっています。

蓮舫議員は、外国籍を放棄する旨の宣言は、台湾籍を有していないことで、証明するつもりだと思います。

が、しかし、これでは、日本国籍を選択した宣言にはなりません。

日本国籍を宣言したことにならないと何がマズイのか。→日本国籍を有していない。→日本人でない

ここで、公職選挙法を見てみましょう。

公職選挙法第2章第10条に被選挙権の規定として、
「日本国民は、左の各号の区分に従い、それぞれ当該議員又は長の被選挙権を有する。」とあります。

ここでの主語は、「日本国民は」です。日本国民は被選挙権を有するのです。

つまり、日本国民でない人は被選挙権を有しない。政治家になれない。というわけです。

ここで蓮舫議員が戸籍謄本を公開すると、そこには日本国籍を選択宣言した年月日がハッキリ示されています。

つまり日本人では無いことがバレてしまい、政治家人生が終わってしまう。ということです。

だがら、蓮舫議員は戸籍謄本公開しないのです。今後も絶対に公開しないでしょう。

 

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ