紫外線アレルギーの症状と治し方、検査方法は?子供への対策を公開!

7月をピークに前後3ヶ月が一番強くなる紫外線。今の時期は紫外線が徐々に強くなっていく時期です。

今日は紫外線アレルギーについて述べたいと思います。

紫外線アレルギーとは?

Sponsored Links

紫外線アレルギーとは、紫外線の照射を受けて、体にアレルギー反応がでる事です。

その症状は、紫外線を受けた部分が赤く腫れ、じんましんのような湿疹になる場合もあります。

また紫外線を受けていない部分にも湿疹のような症状が出たり、

ひどい時は水ぶくれや頭痛、吐き気を伴う時もあります。

紫外線アレルギーの検査方法

光線テストでUVAとUVBの紫外線を背中に照射して、原因となる紫外線の波長を調べます。

24時間~48時間後にアレルギー反応が出ていれば紫外線アレルギーがあるということです。

また、日焼け止めのつもりで塗った薬品が紫外線の照射で化学反応を起こし、

光毒性を帯びることもありますので、使用した薬品を塗布することもあります。

外部から紫外線を受ける以外にも、膠原病等の疾患がきっかけで発症することもあるので、

採血し、血液検査も行います。

紫外線アレルギーの治療方法

紫外線アレルギーは紫外線に浴びることで発症するので、まず紫外線に当たらないことです。

そのためには屋内で過ごすことですが、屋内でも窓から日光は入るので、

室内に居る時も、日焼け止めクリームを塗ったり、

長袖長ズボンで紫外線に当たらないようにしましょう。

また、窓にUVカットフィルムを貼ったり、遮光カーテンを引くのも効果的です。

発症してしまった紫外線アレルギーには、抗アレルギー剤やステロイド薬剤の服薬や、

直接肌に塗り、アレルギー症状を抑えます。

症状の強さによって薬剤や用法用量は変わるので、医師の指示に従いましょう。

子供への紫外線アレルギー対策

子供が紫外線アレルギーを発症する場合は、色素性乾皮症やポルフィリン症等、

遺伝的な原因が多いと言われています。

子供の場合も症状としては、大人と同様です。

ただ、子供は大人と違い肌が敏感で、体調を崩しやすく、重症化を避けるため、

異変を感じたら、すぐに日陰や屋内に避難し、皮膚科へ連れて行ってあげて下さい。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ