アセロラジュースの効果は?寝る前に飲むのが効果的?アセロラの日とは?

これからの季節、暑くなってきて、紫外線も気になりますよね!

UVカットの化粧品や日傘、衣類で対策も大切ですが、

体の中から紫外線対策や美肌効果も気にしたいところ。

そんな要望に応えられるのが、アセロラ!

今日はアセロラの魅力に迫ってみたいと思います!

アセロラとは?

アセロラの画像

アセロラはカリブ原産の植物で、別名をバルバドスチェリーといいます。

熱帯産のフルーツのため、日本では主に沖縄で栽培されています。

熱帯地方が原産のフルーツは、強烈な日差しや高い湿度など、

植物にとっては過酷な環境下でも成長していくために、高い栄養価の品種が多いです。

それはアセロラも同じで、太陽の強い紫外線から身を守るためにビタミンCをたっぷりと果実に含んでいます。

その量は100gのアセロラにビタミンCが約1700mg含まれます。

これはビタミンCが多いと言われているレモンの約34倍にも達します。

アセロラジュースの効果は?

ジュースの画像

この豊富なビタミンCをアセロラから摂取することで

肌に潤いを与え、シミやそばかす等の色素沈着を防止し、美肌効果が期待出来ます。

ビタミンCには美肌効果以外にも、抗酸化作用、免疫力アップ、抗ストレス作用、抗がん作用の他、

貧血予防、疲労回復、風邪予防、高血圧や動脈硬化などの

生活習慣病予防等の多くの健康増進効果を期待出来ます。

アセロラジュースでビタミンCを摂りすぎて弊害は無いの?

弊害のイメージ画像

ビタミンCは過剰に摂取すると副作用が出る事が判明しています。

それは、下痢、胸焼け、頭痛などの症状が出る事がありますが、1日200ml程度では問題ありません。

アセロラジュースは太りやすいって聞いたけど、、、

太るイメージ画像

アセロラジュースは一部には太りやすいと言う声も聞きますが、

アセロラジュースは500mlで200kcal程度のカロリーです。

200mlでは100kcal以下なので、おやつをアセロラジュースにする程度の感覚なので太る程ではないでしょう。

アセロラをジュースではなく、そのまま食べることは出来ないの?

食べるイメージ画像

アセロラはとても痛みやすいため、産地以外では生食されません。

レモンよりビタミンCが多いアセロラジュースは酸っぱくないの?

Sponsored Links

レモンに強い酸味を感じるのは、レモンに含まれるクエン酸が影響しています。

アセロラジュースはレモン程多くはクエン酸を含みませんので、

レモンのように酸っぱく感じることはありません。

いつ飲むのが効果的なの?

飲む画像

夜寝る前に飲むとビタミンCの吸収が良くなるのでオススメです。

またアセロラには、疲労回復や風邪予防の効果もありますので、

疲れた時や、風邪をひきにくくする体質作りの時に飲むのも効果的です。

ビタミンCは水溶性で、体内から排出されやすいので、継続的な飲用が好ましいです。

ビタミンCは熱にも弱いので、なるべく加熱せず、そのままの摂取が望まれます。

アセロラの日とは?

5月12日が「アセロラの日」です。

アセロラの初収穫の時期であることが由来し、沖縄県本部町によって1999年に制定されました。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ